恐怖のさくらまつり

 

 恐怖の「さくらまつり」

神田川沿いの桜を見ていた。

とてもきれいだ。

 

と、

その時ちょうちんを発見。

「○○(地名)さくらまつり」と書いてある。

どうやら、桜と同時に俳句の応募作品が展示されているらしいのだ。

 

桜に俳句なんてすごい風流じゃん。

日本人としては、当然チェックせねばなるまい。

 

で、さっそく見てみると・・

うおーーい!!

 

この人は何を言っているのか。

そもそもこの句に桜は全く関係ない。

 

まぁ、

応募者の中には変な人もいるよね・・・。

気を取り直して次を見てみよう・・・

 

何がさくらまつりか。

 

予想の遙か上を行く超絶レベルな俳句群。

後ろに咲いている桜が哀れすぎる。

 

下の句など既に「何を言っているか」すらわからない。

季語もない。

 

 

その後も続々と続く、

中傷や不謹慎な俳句群。

何が起きてるんだ。このさくらまつりで。

   

 

この際なのでハッキリ言いたいと思う。

皆が見る公の場に、自分の趣味で

 わけの分からない文章を掲示しているやつに天罰あれ!!!」

ってね。

ズガーーーン

(僕に天罰が直撃)

 

 


コラムTOPへ  TOPへ  

僕の見た秩序。Please visit my page !
copyright(c) 2001-2003 ヨシナガ 177634085since 2001 6/30